何を食べたかで人生が変わる  

毎日こころ豊かに グルテン・カゼインフリー 米粉・大豆粉・オートミールに助けられて生きている

我が家は機能不全家族 私が子供の頃から機能不全だった

機能不全家族

40年生きてきて初めて聞く言葉

 

You Tube不登校関連の動画を観ていると次から次へと

おすすめや関連動画が上がってくる

ただ観てるだけだと果てしなく止まらなくなって

なかなか抜けだせなくなる

 

ちょっと困った便利機能だと思っていた

でもこの機能のおかげで

自分の抱えてる問題

我が家の問題がなんとなく見えてきた

 

それが

不登校』から『心の安全基地』→『過指示・過干渉・過保護』

そして機能不全家族

 

まだまだいろいろありますが

今回はこの『機能不全家族』を知ることによって

我が家がどういった人と人との集まりなのか

いろんな事にぶち当たっていることに気づいた

 

我が家は機能不全家族です

この言葉に興味を持ち調べていくと

どうやら我が家は『機能不全家族』であると

確信しました

まぁお恥ずかしい話です

 

機能不全家族とは

家族で集まって仲良く笑ったり楽しい時間を過ごしたりすること

お互いを尊重し、支えあうという「家族としての機能」が

十分に備わっていない家族のこと

 

また家族がそれぞれの役割を役割を果たせず

家庭としての機能が果たされていない家族のこと

極端な例として

・虐待やネグレクト(育児放棄

・家族同士の不仲による対立

・生活貧困

・子供に対する過剰なプレッシャーなど

家庭内で身体的・精神的なダメージを与える機会が日常的にあること

 

これらのダメージを受けやすいのが

家庭内で弱い立場になりやすい高齢者や子供

 

一番問題となるのが子供に対する

『親の役割不全』

 

親の役割とはありのままの子供を愛すること

これは以前の記事で書いた通り

私は条件付きの愛情しか与えていなく無条件で娘たちを

愛してるとは言えなかった

protect-rich-mind-body.hatenablog.com

 

また「普通の家庭」に見える家族の中でも

親が「親としての役割」を果たしていないケースも多々あり

私の行いもいくつか該当する

 

例えば・・・

・親の嗜好・趣味を極端に子供に押し付ける

・親が子供の進路や日常生活に過剰に口出しをする

・子供は良い成績・優等生的な態度を取った時のみ褒められる

・子供が親の愚痴の聞き役になる

・「長男だから」「女だから」と家族の中での役割を押し付けられる

 

要するに

親の自分好みの行動をする子供しか愛せないという状態

この状態が続くと

次第に子供は「ありのままの自分では愛されない」と

歪んだ認識を持ってしまう

 

こういった幼少期からの愛情不足

親の価値観にさらされ続けた結果

認知の歪みから

大人になって生きづらさを強く感じるようになる

 

一方で

健康的に家族という集団が機能していると

子供は自分の身近な大人や友人を見本に

生きる上で必要なさまざまな能力を身につけていく

人格形成に大切な時期に家族から

合理的・道徳的な物事の考え方を学ぶ

 

こういったことって自然と家庭の中で行われていて

誰も家族のあり方

家族の役割など教えてくれる人はいない

親が常に教える側に回る

 

親だって初めから親ではなく

少しずつ親になっていく

教科書らしいものはなく

頼りになるのは自分の親や近所の大人だけ

 

でも今はあまり近所づきあいもなく

みんな忙しいだろうから相談できる相手もなかなかいない

 

すると自然と自分を育ててくれた親の育て方を真似る

それしか方法がわからない

 

それが健全な家庭環境で健全な子育てなら言うことはないが

そうでない場合は

我が家みたいなことになる

 

親にされて嫌だったことを昔の記憶として忘れていた

でも潜在意識のなかで存在していて

知らないうちに同じことの繰り返し

 

となると今我が家は機能不全家族

私の幼少期も機能不全家族

 

そして私の父と母が育ってきた家族も機能不全家族の定義に

いくつも該当することから

みんな機能不全家族だったんだ

 

そりゃ先祖代々ではどうにもならないね

気づかず気づいても時代背景や

背負っているものでどうすることも出来なかったかもしれない

 

でも今はいろんな生き方、多様化された時代だ

悪い習慣、自分の考えに合わない習慣は変えればいい

今なら変われる気がする

いや 変わりつつある

 

なぜなら私だって学校へなんか行きたくはなかった

楽しくもなかったし、普通にいじめられてた

でもただ親が怖くて言えなかっただけ

 

言っても心配されると言うよりは怒られる気がしてた

『いじめられるお前が悪い』

そんなことを言いそうな親なので言えなかった

だから不登校にはなれなかった

 

でも

娘たちは違う すげ~不登校になった

娘たちはちゃんと自分の気持ちに正直になり

ちゃんと自分達と向き合ってとサインを出したんだ

そんな行動ができる娘たち

カッコイイ(≧▽≦)

 

そしてその行動のおかげで

私は『機能不全家族』と言う言葉と出会い

自分の居る場所を見つけた

ようやく向き合うことができた

 

これから私がすること

まずは認識すること

 

問題を一つ一つ洗いだしてクリアにしていく

するとまた問題が浮かび上がってくるので

それをまた認識しクリアにする

 

この繰り返しをしていけば私も娘たちも

家族みんなが少しづついろんな問題から

解放される気がした

 

それはとても長い道のりかもしれない

たった数月で数年で変われるとは思っていない

 

だって娘たちでさえもう12年もこんな家族の中で

生活してきたんだ

変えるには同じくらいの年月が必要かもしれない

 

私なんかもう40年この性格で生きてきた

どれだけの時間を費やせば修正されるだろう

でもまだ人生半分くらい残ってる

 

このまま家族の問題をその場しのぎで取り繕いながら

生きていくこともできるが

娘たちがいる以上そうもいかない

そしてそんな

生き方は望んでない

 

生きづらい生き方をするのは

もうこりごりだ

 

娘たちはまだこれからだ

こんなところで私が足かせになっては

生まれてきた意味がない

 

だから私は娘たちとともに

本来の姿に戻る

 

早く自由にさせてあげたい