何を食べたかで人生が変わる  

毎日こころ豊かに グルテン・カゼインフリー 米粉・大豆粉・オートミールに助けられて生きている

シーリングワックス おしゃれな大人のDIY 子供でも十分楽しめます

次女の興味を引き付けたもの

シーリングワックス

うん?("゚д゚) 何それっ?

 

次女がいつも観ているYou tubeのなかで見つけてきたアイテム

ちょっと大人の人が趣味で扱うものかな?

これって子どものおもちゃなの?

よくわからないけど興味が湧いたらしいです

 

長女も動画を観たら興奮してました

DIYってなんだかワクワクしますよね

特別難しい工程はなかったようで

一人でもできると言うので試しに購入しました

シーリングワックスセット

一応届いたらすぐにでも取りかかれる内容にはなってはいるものの

肝心の着火道具は入っていなかった

 

とりあえず次女が一人でも扱えるチャッカマンがあったので

それを使いました

追加アイテム

追加でこの3つぐらいあれば楽しめます(*^▽^*)

 

キャンドルに火を付けるのに子どもでも簡単に火をつけられるように

柄の長いチャッカマン

これだとやけどの心配もない

 

ピンセットは小さなワックスを掴むためのもの

別に指先でつまんでしまって問題ないんですが

娘たちは理科の実験モードで取り組みたいようなので

ピンセットを使いました

ちょっと挟みずらい気もするんだけど

理科の実験ぽくって楽しいみたい

 

つまようじはスプーンの中で溶けるワックスを綺麗に溶かすために

混ぜる棒として使いました

 

ピンセットとつまようじはなくても問題ない

ワックスを溶かして混ぜる工程を楽しむためには

あったほうがいい!

 

好きな色のワックスを溶かして自分好みのシールを作る

ワックスが溶ける様子

2、3種類のワックスを溶かして混ぜる瞬間がワクワクする

これぞまさしくなんちゃって理科の実験!

 

熱いから触れないけど

スライムを作ってる感覚にも似てるかも

 

スライム作りが大好きな娘たちにとっては

この遊び結構ハマりました

 

女の子は可愛いもの綺麗なものにはそそられます♥

それを自分達の手で作れるんだから楽しい!

次々とスタンプが出来上がります

 

匂いもそんなに気にならなかった

ただただ黙々と作っていました

 

最初はこのシーリングワックス

ダイソーorセリアなどの100円ショップで買えるなんてことも

You Tubeの情報で聞いていたんだけど

ちょっと流行りの波が過ぎた後だったらしく

2、3種類のワックスしか販売されていなかった

 

店員さんに確認したら店内にあるだけで入荷はしないと言われてしまい

それ以外にもいくつか文房具店や手芸店を回ったけど

見つからなくて最終的にAmazonでポチりました

 

あれこれ道具を買い集めるより一通りそろっているセット物の方が楽

届いたらすぐに楽しめるのも結構重要!

 

Amazonではワックスの種類も豊富でスタンプヘッドっていう

ハンコウの部分も取り換えが可能

いろんな絵柄のヘッドを手に入れれば

いろんなシールが作れちゃうので結構楽しめます

スタンプヘッド&ハンドル

我が家は

道具一式はAmazonでポチって

替えのスタンプヘッドは楽天でポチりました

スタンプヘッドの絵柄さえ気に入ったのが見つかれば

どこで買っても内容はほとんど変わらないと思います

 

我が家は次女の好みで全て決めちゃいました

選ぶのも決断するのも次女です

 

次女が欲しいものを自分で選んで決める

それが正しい選択かどうかは

この際どうでもいいんです

 

買ってよかったと思える経験

買って失敗したと感じる経験

どちらも大切な経験だと

今は分かるようになりました

 

以前はおもちゃでも何を買うにしても

無駄はダメ、損はしたくない

そんな感情が先回りして

親の私があれこれ考えて決めて

娘たちに買い与えていました

 

もちろん娘たちの意向は取り入れつつ最終決定は私

その物自体が欲しい本人に最終決定権がないのはおかしな話

 

そんなおかしな話が今まで我が家ではスタンダードだった

常に後悔しない

常に正しい選択

おもちゃにすらそんな考えなので

自由も何もない状態だったのかも

知らないうちにそんなガチガチな考えが浸透していた

 

いろんなことから失敗を避けて通りすぎてきてしまった

失敗の経験から学ぶことはいっぱいあるはずなのに

どんな些細なことでも

失敗するとすごく損をした気分になるのはなぜだろう?

 

それを選んだ私が悪いんだ

それをいいと思ってしまった私がいけないんだ

そんな風に自分を否定してしまう癖がある

 

だから娘たちのものでも失敗をさせないようにと

先回りしてしまうのかも

失敗することで私が自分を否定してきたように

娘たちも失敗することで自分を否定してしまうんではないかと

心配になる

 

相変わらず私と娘たちがイコールになっている考え

この考えは早く手放さないといけない

 

そう思うと私は大して意味のない生き方を

つまらない生き方をしてきたんだな

 

そして娘たちにも意味のない生き方を

させようとしていたんだなとつくづく思う

 

なんて窮屈な生き方

損得勘定は生きていく上で損しかない

ようやく分かった気がする

 

おもちゃがどれだけ魅力的でも

遊ぶ本人の心が自由でなければつまらないおもちゃになる

 

そう遊ぶ本人がすこぶる発想豊かであれば

どんなものでもおもちゃになるんだ

だから子どもは遊びの天才と言われるんだ

 

ということは正解か不正解かは受け取り側の問題で

どうにでもなるということ

 

ただ正直このシーリングワックス

どう楽しむものなのかよくわからない

そしてどう活用すればいいのかも・・・・

 

手紙やプレゼントの包装に使うらしいんだけど

手紙送らないし、プレゼントを包むってこともないので

シーリングワックス自体はあまり活用できる

気配がしない・・・

 

とは言え女の子が可愛いシールを集める感覚に近いのかな

ひたすらワックスを溶かして

可愛いスタンプを作って保管する

何に使うわけでもないが可愛いものを作りたい

集めたい

 

ただそれだけで満足なよう

まぁ次女がそれでいいならそれでいいよね😁

子どものお遊びに何らかの成果を求める方が変なんだ

好きなようにやらせよう!

 

今は興味を示したものをできるだけ多く

触らせてあげる

やりたいこと

欲しいものをちゃんと素直に話せる関係

 

そして私はそこで損得勘定を挟まない事

娘たちの意思を尊重する

これに限る

 

このシーリングワックスをポチッたのは4月のこと

だいぶ姿を見かけていません

 

というわけでせっかくなので私もやってみようと思います

せっかくある道具楽しまなくちゃ(*^▽^*)