何を食べたかで人生が変わる  

毎日こころ豊かに グルテン・カゼインフリー 米粉・大豆粉・オートミールに助けられて生きている

私の腸はリーキーガット 間違いない! だからグルテン・カゼインフリー生活なんだ

f:id:protect-rich-mind-body:20211004182147p:plain

私たちが生きていくうえで必要な栄養素を消化・分解・吸収する腸

そして

外敵の侵入から体を守る腸

 

腸は、生きていくために絶対に必要不可欠な器官
腸が健やかであることが、体全体の健康につながる

 

と ここまでは一般的に知られてる腸の定義

 

そしてここからが問題!

 

この重要な腸の細胞に小さな穴が空いてしまう状態

すなわち

腸の粘膜をつなぐ結着細胞(タイトジャンクション)が壊れて

バリアシステムが破れた状態

 

これを
リーキーガット「腸管壁浸漏症候群」
リーキー(leaky)漏れやすい  ガット(gut)消化管・腸

 

f:id:protect-rich-mind-body:20211004112545p:plain

リーキーガットは不調の始まり

腸の粘膜をつなぐタイトジャンクションが壊れて、腸壁に小さな穴が空く


この小さな穴をアミノ酸にまで細かく分解されていないタンパク質がすり抜け吸収され血管に入る

 

そこで待ち構えていた免疫細胞が自分達のタンパク質とは違う異物として認識する
「なんだこれは?知らないタンパク質だな?敵かな?」
と判断してすぐに攻撃し排除しようとする

 

これが免疫反応!

 

アミノ酸にまで消化されずに通過してしまったタンパク質は免疫細胞に異物として排除

 

よって

身体を作るために必要なタンパク質を摂取しているにもかかわらず

不足してしまうという状態が起きる

 

食べても食べても太らないっていう人がこの状態


スリムでいいような気がするけど


大事な栄養素が吸収されないというのは問題だ

 

また未消化のタンパク質の他にも

腸内細菌が作る毒素や食べた植物に含まれる毒素(レクチン)

までもが腸壁をすり抜け、血管に入る


そして

 

血流に乗って全身に流れていくと免疫を暴走させ炎症が起きる

 

この炎症は腸だけではなく必ず慢性炎症となる

血管を通っていろんな各組織、末梢組織まで届き悪さをする


その代表的な病気が

・食物アレルギー

・がん

脳梗塞

心筋梗塞

・糖尿病

うつ病

認知症

自閉症 など

f:id:protect-rich-mind-body:20211004113030p:plain

リーキーガットが引き起こす主な病気

リーキーガットの原因となる食品はたくさんある

その代表格が『小麦』


小腸 

食べ物に含まれる栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質など)を体に吸収されやすい形や大きさに分解する働き=「消化」

 


消化吸収されなかった食物成分、常在細菌、病原菌など非常にたくさんの雑多な物質が滞留する場所

 

よって腸壁には必要な栄養素を吸収しつつも

体の中に入れてはいけないものをブロックするという特別なバリアシステムが存在する
(体の中に入ってはいけないものが入ると免疫細胞が異物と認識し免疫反応を起こす)

 

このバリアシステム

腸壁を作っている上皮細胞が腸の細胞と細胞をきっちりと閉じて封印している


さらに上皮細胞からは糖タンパク質や抗菌物質が出ていて、病原菌を寄せ付けないようにしている

 

しかし

これでは体に必要な栄養素を取り込めない

 

そこで、『ゾヌリン』という物質がこの細胞のつながりを「適度に」緩め、栄養を体内に取り込みやすくしている

 

と、ここまではよかった

 

しかし

このゾヌリンの分泌をもっとも活性化させる食品成分

 

それが小麦の『グルテン

 

活性化させるのがグルテンだから

小麦が国産、オーガニック、全粒粉、天然酵母のパンであろうと関係ない

どれも同じ

 

つまり、小麦を食べると

腸壁からゾヌリンが分泌され

腸の細胞と細胞の間が広がり穴があいてしまい

リーキーガットになりやすくなるということ


腸の細胞は1~3日で新しい細胞を生み出すことで機能を保っている


毎食ごとにグルテンが放り込まれればこの細胞の入れ替わり(修復)も追いつかなくなる

 

3日に一回程度のグルテンの摂取ならゾヌリンを活性化させても

細胞の生まれ変わり機能によってリーキーガットにはならないかもしれない

 

また腸の状態は人によってさまざま


グルテンの影響を受けやすい人もいればそうでない人もいる

 

しかし、ゾヌリンを活性化させてしまう以上

あまり体には取り込みたくない

 

また単純に腸を傷つける行為だけでもリーキーガットは起きてしまう

 

だから小麦のグルテンによってゾヌリンを活性化していなくても

腸を傷つける食品添加物抗生物質

ストレスなどが多くあると

 

リーキーガットが起き腸からいろんなものが漏れてしまう

 

腸を守るためには

1、腸に穴を空けさせる食品はなるべく避ける

そして

2、腸にとって良い環境が作れるものを食するよう心がける

 

グルテンカゼインフリーの食生活に出会うまでは

2の腸に良いものを取り込むことしか知らなかった

 

それも良いと思っていたものが実は腸を傷つけていた

という悲しい😢現実

 

だからまず最初にやるべきことは

1の腸を傷つける食品を体に取り込まないこと

 

なぜなら

いくら腸に良い食べ物を取り込んだとて

腸に穴が空いていたらどんな優秀な栄養素も吸収できない

無意味

 

私の体は長いこと薬に頼って生きてきた

それが間違いだとも知らず

 

そのおかげで腸は穴だらけだ

・小麦

・乳製品(チーズ)

・加工食品

・アレルギーの薬(花粉症)

・鎮痛剤

・低量ピル

腸を傷つけるものばかり取り込んでた

 

そしてこれらを排除した生活を送ると

すこぶる体調がいい

びっくりするくらい普通に生活ができる

 

今まで何のために薬を服用していたのかわからない

 

だから想像がつく

私の腸は間違いなくリーキーガットだ

ずたずたの穴だらけだ

 

何を口にし体に取り込むかで腸が健康でいられるかどうかが左右される

これは自分の体でよくわかる

 

だからこれからもずっと

グルテンカゼインフリー生活を送る

 

それが一番快適で病気知らずな自分でいられる