何を食べたかで人生が変わる  

毎日こころ豊かに グルテン・カゼインフリー 米粉・大豆粉・オートミールに助けられて生きている

アレルギー性鼻炎(花粉) 薬の副作用ってこうゆうことなの Σ(゚Д゚)

 

f:id:protect-rich-mind-body:20210218104118p:plain

アレルギー性鼻炎(花粉症)を漫画で学んだ

アレルギー性鼻炎(花粉症)の薬 やばかったΣ(゚д゚lll)ガーン

あまりにも身近に存在しすぎて知らなかった

 

最近天気予報アプリで花粉情報が表示されるようになった

 

去年の今頃はコロナに関係なくマスク生活をしていた

コロナの影響でマスクが品薄になった時

どうしようかとオロオロしていたのを覚えている

 

でもいまは感染を防ぐ目的以外ではマスクはつけない

 

我が家4人 全員 アレルギー性鼻炎(花粉症)だった

でも今は違う

 

まずは

1.アレルギー性鼻炎と花粉症についてf:id:protect-rich-mind-body:20210215123705p:plain

私は点鼻薬・アレルギーを抑える飲み薬・点眼薬を服用

季節性・通年性 両方の症状が出ていて薬を服用しなければ生活できなかった

薬を服用さえしていればなんとか生きていられたので一年中服用

かかりつけの医師からもそのように指示されていた

 

主人と娘たちは季節性のアレルギー

飲み薬だけ服用

明らかに私よりは軽い

でも病院で診てもらうと1か月分ぐらいの薬を処方される

 

これを毎日朝・晩 娘たちに飲ませるのは本当につらい

普通には飲めないのでチョコレート味のアイスに混ぜて飲む(食べる?)

だから山のようにアイスをストックしておかないといけなかった

 

ちなみにアイスに混ぜてもさほど喜ばない

なぜなら 冬のアイスは体が冷える

たまにならうれしいが

さすがにひと月毎日アイスを食べるのは飽きるらしい

 

そのうちアイスに薬を混ぜる行為が面倒になり

薬を飲んだり飲まなかったり

 

だらだらと花粉の時期が過ぎ去るのを待つ

 

 

2.私のアレルギー症状 

私は家族の中で一番症状がひどい

季節性・通年性と一年中薬を服用

いろんなことが引き金となる

例えば・・・

  •  朝起きた時の布団と部屋の温度差

  (それ以外にも室内と室外の温度差)

  • 洗濯物の洗剤の香り
  • 香りのきつい芳香剤
  • 掃除機や箒(ほうき)で部屋を掃除する時
  • 洗濯物をたたむ時
  • 公園などへ行った時

 

など いろんな場面で鼻や目が刺激され

鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目のかゆみ

常に調子が良くない

また微熱状態が多く、ボーっとしていて集中できない

頭も重く 頭痛も頻繁に起こる

 

手や足の乾燥もひどい

背中や頭皮にもかゆみがあり

薬を切らすとよく頭を掻きむしっていた

 

だからどうにも薬を手放すことができず

2月分をまとめて処方してもらっていた

そんな状態で9年・・・

もちろん初めからそんなにひどかったわけじゃない

いつの間にかちりも積もればの状態でひどくなっていった

 

そんな私に気づきを与えてくれたもの

 

それがはたらく細胞

 

今では家宝

 

3.『はたらく細胞』が私たちの教科書

私に治すきっかけを教えてくれた本

 

それが

シリウスKC 講談社 『はたらく細胞』01

第2話 スギ花粉アレルギー

漫画&アニメだ

f:id:protect-rich-mind-body:20210218104312p:plain

 

これをYou Tubeで観た時 衝撃的だった

娘たちと3人で 引いてしまった

 

今まで何も疑いもせずに飲んでいた薬が

体の中でえらいことになっている

 

今まで何をしていたんだろう😞

病院で処方してもらっていた薬が

まさか・・・こんなことになっているなんて

病院から出される薬だからと安心しすぎた

 

なんてことだろう

自分で自分の体を傷つけていたなんて

 

薬を投与=アレルゲンは自然消滅・アレルギー反応は落ち着く

だけど 体の中は・・・

なんだかひどい荒れよう

 

知らなかった・・・

 

だから用法・用量を守ることって言われているんだ

 

でもかかりつけの医師は飲み続けて問題ないって言ってた

 

はぁ~

これなら腸活しても無意味だ

 

 

すごい おったまげた Σ(゚Д゚)

 

知らなかったのは私だけ???

 

無知って 大変だ

 

そしてひどく後悔したのが

娘たちの体

 

娘たちの体を私が傷つけていた

 

その事実がとても悲しかった

 

 

この漫画は実に素晴らしい

 

小学生の娘たちでも理解できる

そして免疫細胞の特徴も

キャラにちゃんと反映されていて

わかりやすい そして可愛い

みんなでハマった

 

たまたまご近所のお姉ちゃん(当時、中学生)が今ハマっているもの

として紹介してくれた本からの出会い

 

You tubeで検索したら動画があり

3人で観た

 

ただそれだけなのに

めちゃめちゃ運命的だった

 

ちなみに体のなかのお話だから

ちょいちょい 血だらけ

始めは娘たちに観せるのを戸惑った

なんせ グロい ドバドバ血が飛び散る

 

でも意外に私より平気らしく

食い入るように観ていた

たちまち 子供会議が勃発!

 

「これはやばいね(# ゚Д゚)」って話になり

薬の服用をやめる決断が下された

 

これを期に4人ともパタリと薬を飲むことを止めた

 

いや・・・飲めなかった

 

  

薬の服用をやめただけでは 花粉症からは解放されない

 

だけど体の中で何が起きているのかを知ってしまったら

薬は選べない 

 

この本に出会っていなければ

今もなお 薬づけの日々だ

 

体の中って見えないから あまり気にしないけど

見えると面白いほど こわい

 

花粉の時期が来たら「あっ病院に行って薬もらわなきゃ!」

って病院に行くのが当たり前だった

 

 そもそもこれが間違い

 

もっと勉強しないといけないこといっぱいあるんだって

思い知らされた

 

はたらく細胞』めちゃくちゃ勉強になる

 

アニメも漫画もどちらでもいい

お薦め!!!

ちなみに 今 はたらく細胞 新」 が放映されている

私は もちろん 録画予約 バッチリ

 

我が家は アニメから入り

漫画もそろえた

 

ちなみに最近 新刊も出た

 

また『はたらく細菌』 ていうのもある

身近な内容で 役に立つ知識がいっぱい

若い女の子には 役立つ情報が多い

 

娘たちも自分ごとに置き換えて読んでる

 

私は

若い時に出会いたかった

 

漫画で医学的なことが学べるって

 

本当 すごい☆彡